薬剤師 転職 事情

中高年の薬剤師転職事情

今現在、20代〜30代の薬剤師にとって、薬剤師専門の転職サイトなどを活用して、容易に転職を実現させています。ネット環境が整っており、パソコンの扱いに慣れている方でしたら、すぐにでも転職を試みることが可能な時代となりました。

 

薬剤師は、他の職種や業種に比べてかなり恵まれており、転職先も豊富です。医療関係のお仕事に関しては、転職支援サービスを行っている会社も多いため、そのような会社を活用すれば、年齢に関係なく、転職活動を行うことが出来ます。

 

薬剤師の転職事情は、常に良好とはまではいえませんが、薬剤師の求人は増えることはあっても減ることはありませんので、今現在も転職しやすい環境だといえるでしょう。

 

しかし、薬剤師の方の中でも、40代以上での転職となると、少し事情が違います。もちろん、薬剤師専門の転職サイトなどを活用して、転職をされている方も多くいらっしゃいますが、特に薬剤師の仕事にブランクがある場合、年齢の問題もあり、会社から躊躇される傾向にあるようです。

 

中高年であっても、次々と新薬が発売されていますので、新薬の知識を得て、常に情報収集を心がけることが求められます。また、近年では電子カルテを導入する病院や調剤薬局が増えてきていますので、パソコンの操作や電子カルテの扱い方まで求められるのです。

 

昔と違い、今は新しい情報が次々と入ってくる時代です。パソコンの操作も出来て当たり前の時代となりましたので、求められるスキルと自分の能力を見極めてから、転職されることをオススメします。

 

転職について悩みをお持ちの方は、薬剤師専門の転職サイトに登録をして、専任のコンサルタントの方に相談してみましょう。中高年だからといって転職が出来ないわけではありません。しかし、転職後、自分の能力がどれだけ発揮出来るかどうかが問題です。会社から求められるスキルが自分に備わっているかどうか、専任コンサルタントの方に確認してもらうのも1つの方法です。

 

昔のように、薬剤師は病院の調剤や薬局での処方せん調剤だけをしていれば良い、という時代は終わろうとしています。その事をよく肝に銘じて、転職活動を行って下さい。

現在の薬剤師転職事情

薬剤師として働く場所としては、主に、調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業です。現在の薬剤師の仕事は多岐に渡っており、薬剤師の仕事は、薬の調剤だけではありません。働く場所によって仕事内容は異なりますが、例えば、患者さんやお客様に薬の処方の仕方を指導したり、また、薬の処方後、症状に変化があったかどうかなどの確認なども、薬剤師の責任として対応しなければならないこともあります。

 

どの職場でも、薬の調剤以外の仕事が与えられるようになってきているため、幅広い知識と教養、接客などの対応が出来る薬剤師の需要が高まっています。

 

薬剤師の転職先として求人案件が一番多いのが、ドラッグストアです。高齢化に伴い、ド医療サービスの増加が見込まれるため、多くのドラッグストアで調剤室を併設し始めました。その結果、調剤薬剤師の人材が必要となったため、今現在、ドラッグストアでは、薬剤師を多く募集しています。

 

2006年に、薬学部が4年制から6年制へと移行しました。2012年には6年制の薬学部を卒業した薬剤師が新卒として就職していますが、その多くは、人気の病院や製薬会社などに入職しています。ドラッグストアは、多くの薬剤師の採用を望んでいますが、実際は応募人数が少ないため、薬剤師の人材不足が懸念されているのです。そこで、ドラッグストアでは中途採用なども実施し、人材確保に力を入れています。

 

薬剤師は、職場を選ばなければ売り手市場です。仕事に困ることはありません。しかし、希望する職場に転職したい場合、薬剤師の転職は難しいといえるでしょう。病院や企業は大変人気で、狭き門となっています。逆に、人材不足が懸念されているドラッグストアや調剤薬局の求人案件は数多くあるため、いつでも容易に転職出来るでしょう。

 

薬剤師は、全体的に求人案件が多いため、他の職種・職業に比べて転職しやすく有利です。反面、人気の職場への転職は難しいというのが現状です。